アフィリエイト 成功秘訣 文章力

Image Replacement

アフィリエイトで成功する秘訣をひとつ上げるとしたらそれは文章力です。インターネットが普及し、アフィリエイトに限らず、誰もがパソコンで文章を作り、メールでやり取りします。これらのコミニュヶーションとして文章力が成功するための秘訣なのです。

文章の落とし穴に気をつけよう(入門編)

情報伝達は文章

インターネットは、
文章を媒体としたコミニュヶーション手段です。

綺麗にデザインされたホームページでも
情報は文章でしか伝わりません。

WEBデザインやHTMLに詳しく、
アフィリエイトでインパクトのあるホームページを作っても、
文章に手を焼いているのが現状で、落とし穴と言えるでしょう。

メールアドレスに注意

パソコンや携帯を使ったメールの送受信ができない人がいないほど
メールは普及しいています。

アフィリエイトで質問や相談を受けるアドレスは
info@などが多いようです。

しかし、このメールアドレスに落とし穴があります。
yhaooメールなどで、頭の部分にニックネームを持ってくることです。

送られてきたアドレスが「yopparai」「kumatyan」など、
非常識なアドレスは、信用を落とす結果につながります。

アドレスの頭部分は注意が必要です。

ひらがな表記が重要

パソコンでは、難しい漢字も一括変換で表示してくれます。
漢字に弱い人にはありがたものです。

しかし、ここにも落とし穴があります。

一見して漢字が多いと思われる新聞も
驚くほどひらがな表記が使われているのをご存知ですか?

身近にある新聞を見てください。
「こんなこともひらがなで書いてあるのか」と驚くはずです。

これは、ひらがなにする基準や決まりがあるわけではなく、
各新聞社の社内基準みたいなものらしいのです。

各新聞社や出版社が社内向けに作成した文章作成の決まりに関する本が、
日本語の正しい表記と用語の辞典などがあります。

手元に置いておくこともアフィリエイト文章に役立ちます。

数字表記はわかりやすく

インターネット上の数字表記にも落とし穴があります。

あなたは、1000000円と1,000,000円を見たとき、
一瞬で金額がわかるのはどちらですか?

価格だけではなく、
数字にコンマをつけるのはもはや常識です。

ひと目でわかるように
数字にはコンマをつけた表記にするように注意しましょう。

中学生でもわかる文章の間違い

文章力や文章術を高める本などによく「中学生でもわかる文章を書く」
などと書いてあります。

しかし、よくよく考えると落とし穴なのかもしれません。

あなたは、もしこのようにいわれたら中学何年生を対象に
文章を書きますか?

中学3年生ですか?中学1年生ですか?

中学3年生といったら高校受験を控えて、
学力も文章力も向上しています。

その反面、中学1年生は、小学校6年生の学力で、
これから学んでいくところです。

文章を書くときは、中学一年生を対象に、
小学校6年生でもわかる文章を書くことを心がけるべきなのです。

■うまい文章とはどんな文章?

アフィリエイターにとっては、「うまい文章」を書きたい、でも書けない、
というジレンマに陥っている人もいるでしょう。

あなたが思っている「うまい文章」とはどんな文章なのですか?
誰もが関心を示すような文章でしょうか?

しかし、これって「落とし穴」なんですよ。

「うまい文章」と判断するのは読者さんで、
読者さんにとってすんなり読める文章が「うまい文章」なのではないでしょうか。

あなたが、新聞や週刊誌を読んでいて興味のあるゴシップ記事には
食い入るように読むでしょうが、読んだあと、「うまい文章」だったと
感心したことがあるでしょうか?

うまい文章とは、意外に「何でもない文章」なのです。

何でもない文章とは

1、理解しやすい:すんなり頭にはいるありきたりな文章
2、わかりやすい:簡単な言葉を使った、わかりやすい文章
3、読みやすい :スラスラ読めるからストレスがたまらない文章

ではないでしょうか。

ここからが難しいのですが、何でもない文章を書くには、
「素直な気持ちになる」ということなのですけどもあなたにわかりますか?

つまり、誰が読んでも「素直な気持ちで受け入れられる」ということです。
新聞や雑誌は複数の人に校正などで修正を重ねています。

アフィリエイタ−の場合、複数の意見を聞いて修正できるものではないので、
1〜2日後に読み直してみると、意外いい気づきがあるはずです。